治療をする前に、うつ病になる原因を知ろう

テクスチャ

国民病になりつつある

うつ病を軽視しないことが大切

現代日本では、うつ病患者は年々増えていると言われています。ストレス社会と言われて久しい日本の現代社会では、職場や学校、家庭でのちょっとした状況の変化が原因でかかってしまう国民病とも言われています。 原因は様々です。学校や社会でのいじめや悪質な嫌がらせ、社会的地位や経済状況で窮地に陥ることなどだけでなく、人間関係の少しの変化でも原因になり得ます。 うつ病はよく風邪に例えられます。これはどんな人でもちょっとしたことでかかってしまうということだけでなく、軽視していたら悪化し、病状が進むと命にも関わる事態になり得ると言う意味でもあります。 うつ病はかつては心が弱い、恥ずかしいと言うイメージもありましたが、近年は社会全体の理解が深まっていて、職場や学校全体でケアしていこうという動きが盛んになってきています。

精神科での治療における注意点

ストレスに耐えられず思い当たることのある人は、心療内科や精神科、ハードルが高いと思われる場合はカウンセラーにかかることをおすすめします。 うつ病治療の際の注意点は、薬を勝手に飲むのを止めたりしないことです。 うつ病の治療薬は、種類によってはかなり強いものもあり、飲み続けると神経や感覚が麻痺することもあるような強い薬も存在します。 しかし、患者の病状から医師の処方されるものであるので、強い薬が嫌だからと勝手に飲むのを止めると治るものも治らないどころか、別の悪影響が出る可能性もあります。 強い薬は飲みたくない旨を担当医師にきちんと伝え、期間や量をきちんと守って服用することが大切です。 また、うつ病の治療薬は症状を抑えるためのもので、ストレスの原因を取り除くことが最優先であることも現実です。