治療をする前に、うつ病になる原因を知ろう

テクスチャ

病気と向き合う

全員で病気治療に取り組む

うつ病は、誰にでも起こってもおかしくない病気です。原因は、環境の変化などによるストレスとされています。また脳内ホルモンであるセロトニン分泌が上手くいかないことによって、バランスが崩れて症状としてだるさや無気力が現れてきます。原因を、特定することが治療の第一歩となります。うつ病と診断されると諦めてしまったり、投げ出したりすることなくお医者さんや家族と原因を取り除くための習慣を身に着けなければなりません。原因をはっきりさせることによって再発を防ぎ自分で、自分をコントロールできるようになります。うつ病に負けない自分を作ることが出来るのです。まずは、うつ病という病名にとらわれずにイキイキはつらつと生活している自分を取り戻す行動を起こすことです。

うつ病治療で元気を取り戻せます

病院での治療ではカウンセリングを行い投薬治療を行います。症状が人によって違うためその人にあった薬を処方します。主に安定剤や睡眠薬を利用して症状の変化を見ていきます。それと並行して、仕事や家庭環境、人間関係などのどこに大きなストレスがあるのか、どのように解決していけるのかを本人か気づけるようにサポートしていくことになります。病院ではあくまでも話を聴くということに徹するので、家族の協力も必要になってきます。話しかけ方や生活を変えていくなど環境を変えていく必要がある場合もあるためです。本人がやる気をだし、倦怠感や肩こり、頭痛など身体的症状がなくなると周囲も安心することが出来ます。そして、また同じような症状にみんなが悩まないように一緒に学んでいく環境が必要なのです。