治療をする前に、うつ病になる原因を知ろう

テクスチャ

要因と症状

メランコリーの要因と症状

現代社会はストレスも多く、それに伴ってうつ病になる患者も増加傾向にあるようです。ストレスとうつ病は密接な関係でありますが、一つのストレスだけが原因というわけではありません。環境的要因や身体的要因などが複雑に絡み合い、ストレスが増幅することで、発症するとされています。一般的には辛いことや哀しいことによるストレスが原因と思われがちですが、それとは逆に楽しかったり嬉しかったりする出来事も、ストレスの原因になることもあります。原因不明の体調不良が続いたり、自信喪失や口数が減ったりすれば、それはうつ病のサインかもしれません。発症する前に気付ければ、それは改善することも可能です。初期の段階でのサインを見逃さぬよう、注意しましょう。またもしも発症したならば、とにかく休養することが大事です。うつ病が発症するということは、それまでの生活が無理をしていたという証拠でもあります。生活習慣病とも言いかえることのできる病気なのだから、焦らずにじっくりと充電期間だと思い、休養すると良いでしょう。

自分自身を認めてあげよう

精神的においつめられてうつ病を発症するということは、脳内の神経細胞である情報伝達が、うまく行われなくなっていることを意味します。その事実を踏まえたうえで、辛くてしかたがない状況ならば、それは本当の気持ちではなく、病気がそうさせていることだと自分に言い聞かせましょう。そして嫌なことからは一切離れて、とにかく休養しましょう。また病院や支援センターなどに足を運び、話を聞いてもらったり、薬をもらうことも効果があります。他にも紙に嫌なことをすべて書き出し、自分の良いところも書き出しましょう。こうすることで自分自身を見つめることができるようになり、そうすることができた自分を褒めましょう。そうすることで小さな自信に繋がり、自分を認めることができるようになるのです。こうなれば、もう回復まではあと少し。ちょっとずつ外へ出てみたり、社会との接点を持つようにすると良いでしょう。